ABC建築道場ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しゅうまい 

「つなげる」 外村 省吾

アーチ状の空間に開口ではなく、切り込みを入れ内部に引き込む操作をする。
壁を引き込むことで穴をあけることなく、
外での行為が中に入り込んだり、外から中が見えたり。
閉じながらも様々なつながりを与える提案。

P1040892.jpgP1040900.jpg
P1040905.jpgP1040899.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/04/11(木) 17:35:10|
  2. しゅうまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台デザインリーグ2013 卒業設計日本一決定戦

ABC3年 外村です。

3月10日 仙台デザインリーグ2013公開審査が行われました。

九産大ABC建築道場からは、江渕さん、小畑さん、澤田さん、柴尾さん、原田さん、星加さん、前畑さん
の7名が出展しました。

出展者全員が予選審査で票を獲得し
応募総数415作品の中から上位100作品に

小畑さん、澤田さん、前畑さんが入選


本審査の審査員投票込の審査では

江渕さんが46位
澤田さんが34位という結果を残しました。

ファイナルに残れなかったことは残念でしたが
本当におめでとうございます。


来年は先輩方を超えれるよう頑張っていきたいと思います602167_360695924051838_1251255563_n[1]
  1. 2013/03/11(月) 23:04:26|
  2. 記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建築レクチャーシリーズVol.6  & 卒業設計講評会

九州産業大学の外村です。

2月9日 10:30より頴原澄子先生による「建築保存とデザイン」というテーマでの講演会が開かれます。

その後14:10より九州産業大学工学部建築学科生の卒業設計講評会があります。

どなたでも参加できるのでお気軽に来てください45569_322680907850042_2083341145_n[2]
  1. 2013/01/31(木) 01:24:55|
  2. 建築レクチャーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結果発表

江渕です。

昨日、卒業設計の結果発表がありました。

九州産業大学では、金賞、銀賞、銅賞、佳作の4つの賞があり、
とてもうれしいことに受賞者の計9名全員がABC建築道場のメンバーという結果でした。

結果もよいのですが、まずは、この卒業設計を通してみんなと競い合えたことを喜びに感じています。

今後も地方で行なわれるイベントなどありますので、そちらに向けて制作活動を継続して行く予定です。

また、受賞者による講評会を2月9日に行ないますのでそちらもぜひ足を運んでいただけると幸いです。
同日、頴原先生にレクチャーをしていただきます。詳細は、追々この掲示板でも告知致しますので是非!
  1. 2013/01/30(水) 17:08:31|
  2. 記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業研究の息抜き

お久しぶりです。
江渕です。

先日、卒業設計の二次発表が終了しました。
卒計もいよいよ終盤を迎えようとしています。

卒計の手伝いをしてくれている井野くんの提案で

卒計の息抜きに模型材料の端材を使って
カバン用のラックを作ることにしました。

全体

限られたスペースでも利用できるようにスマートな形にしてます。

IMG_1012.jpg

天板がVの字になっているので細長い天板でも荷物を安定して乗せることが出来ます。
かつV字は構造的にかなり強いです。

IMG_1011.jpg

V字にはトイレットペーパーや小物を乗せて使うことも。

IMG_1013.jpg

両サイドの板には、ヘッドフォンを引っ掛けて利用してます。

IMG_1010.jpg

土台は逆V字を噛ませてます。ただのこだわりですが。

以上、卒計の息抜きでした。
最終に向けて更に頑張って行こうと思います。
  1. 2012/10/15(月) 12:40:35|
  2. 記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お久しぶりです。

どうもご無沙汰してます。
4年生の原田です。(with 前畑くん柴尾くん)

更新していないあいだに本当にいろんなことがありました。
何から書いてよいのかわかりませんが、まずはコンペティション受賞の吉報から
ご紹介したいと思います。

先月12日に行われた日本建築学会設計競技「あたりまえのまち/かけがえのないもの」
全国審査会においてABCメンバーの二人が賞をいただくことができました。
受賞内容は以下のとおり↓

江渕翔:佳作/タジマ奨励賞
原田爽一朗:タジマ奨励賞

全国から学部・大学院生があつまる歴史あるビッグコンペに
ABCのメンバーがふたり揃って受賞できたことに驚きと喜びを感じております!
この調子で卒業設計もガンガンいきたいと思っております!

そして我らが師範、矢作昌生先生のプロジェクトである
「積み木の家」と「WOOD×STEEL HOUSE」が2012年度のグッドデザイン賞にノミネートされました。
すごい!さすがです!
これからもお互いに(笑)切磋琢磨しあいながらいい建築を作っていきましょう!

まだまだいろんなお知らせがありますが、随時更新していく予定です。(こんどこそ)
以上上和田研究室より原田with 前畑、柴尾でした。
  1. 2012/10/06(土) 18:30:30|
  2. 記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しゅうまい

「開口」  柴尾 澤田 木村 吉山

入れ子上の開口をエキスパンドさせ、開口を建築のスケールに落とし込んでみる。
閉鎖的なボイド空間から、開放的な空間にアクセスすることで体感的に広がりを
感じることができる。ガラスの開口にボイドが抜けることで、外と内が曖昧空間
を作り出すことができる。

CIMG1046.jpg CIMG1049.jpg
CIMG1051.jpg CIMG1052.jpg


  1. 2012/02/01(水) 21:07:52|
  2. しゅうまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しゅうまい

「~のようにみえる」 澤田 小畑 外村

自然のなかに特定の場所をさがし、無機質な壁で囲む
そうすることで、グランドストラクチャーからファニ
チャーストラクチャーへと変化する。
森のように見えるコンサート会場をつくった。

CIMG0947.jpg CIMG0944.jpg
  1. 2012/02/01(水) 21:03:52|
  2. しゅうまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建築レクチャーシリーズvol.2 講演会&懇親会

12月7日に行われました「九産大レクチャーシリーズvol.2」では、前田圭介さんをお呼びし、講演を行っていただきました!

IMGP6571.jpg IMGP6578.jpg

内容は「自然と建築の境界」について
自然と建築のあり方、周辺との関係やたくさんの写真を、丁寧に話していただきました。
また動画もまじえ、実際に水が流れる音や、鳥の鳴き声など、写真だけでは感じ取ることのできない情報をわかりやすく教えていただけました。

IMGP6590.jpg IMGP6605.jpg

懇親会では、ABC建築道場のメンバーが「自然と建築の境界」について考え作ってきた作品を前田さんに見ていただきました!!
道場ですので、稽古をつけてもらう、といった感じで
なおかつ「酒のつまみ」としてのプレゼンという矢作さんの言葉に・・・


プレゼンをすると、やはり
「負けました!!」と心から思えるほど気持ちよく投げられ(笑)
同時に、褒めていただいたり、アドバイスをいただいたりしました。

IMGP6648.jpg IMGP6661.jpg

IMGP6669.jpg IMGP6676.jpg

前田さんには、この後5時近くまで飲みに付き合っていただきました!
本当に優しい方で、最後まで、たくさんの話を聞かせていただきました。
前田さん本当にありがとうございました!!

                                                (星加)
  1. 2011/12/09(金) 09:02:15|
  2. 建築レクチャーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しゅうまい

「自然と建築の境界」 星加健 前畑亘紀 原圭佑

自然と建築の境界は、常に変化し続けている。
この植木屋は、一本の木の成長、落葉とともに
利用できるフロア、利用方法が変化し
自然(木)と建築の距離感を体感的に測ることができる。


20111129105833.jpg 20111129105809.jpg 20111129105732.jpg

(星加)
  1. 2011/12/01(木) 17:38:13|
  2. しゅうまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。